健康はてな

HOME> 健康はてな> 記事詳細

記事詳細

検査のご案内

一覧へ戻る

子宮頸がんワクチン (HPVワクチン) とその有効性
  子宮頸がんとその前がん病変について、およびそれらの原因となるHPVについてはコチラ


Q & A: 子宮頸がんワクチン (以下HPVワクチン)とはどんなワクチンですか?
 
子宮頸がんの約95%以上はHPV(=ヒトパピローマウイルス)が原因とされています。
HPVワクチンはそのHPVの感染を防ぎ、子宮頸がんを予防するワクチンです。
これらのワクチンはすでにHPVに感染している細胞からHPVを排除する効果は認められません。性交渉の経験がある人の約8割はHPVに感染しますので、初めての性交渉を開始する前に接種するのが最も効果的です。
 
 
Q & A: HPVワクチンにはどんな種類がありますか?
 
日本ではこれまで2価ワクチンの「サーバリックス」(グラクソ・スミスクライン) と4価ワクチン「ガーダシル」(MSD)が使用されてきました(注:かっこ内は製薬会社名)。
いずれも子宮頸がんの原因の65%を占めるHPV 16・18型への感染を予防するもので、4価ワクチンはさらに尖圭コンジローマの原因となるHPV 6・11型にも対応しています。2020年末には4価ワクチン「ガーダシル」の接種対象に男性を追加することも承認されました。
MSDが今年2月24日に発売した9価ワクチン「シルガード9」は、ガーダシルが対応している4つの型に加え、5つの型 (HPV 31, 33, 45, 52, 58型)に対応しており、子宮頸がんの原因となるHPV型の88.2%をカバーできるようになりました。(下図)


Q & A: 日本ではHPVワクチンはどのくらい接種されていますか?
 
日本では2010年度の終わりに公費助成 (13~16歳)が開始、接種率は約7割と高いものでした。
2013年4月からは定期接種 (12~16歳)となりましたが、接種後の「多様な症状」に関するセンセーショナルな報道が多くなされ、2か月後の6月には厚生労働省が積極的な接種勧奨の差し控えが発表されました。この差し控えは現在も継続されており、積極的勧奨の中止前は8割近くだった接種率も1%にも満たない状況が続いており、世界の国々に比べて圧倒的に低くなっています(下のグラフ)。
   
   横軸は生まれた年度。2016年12月26日:厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会/薬事・食品衛生審議会医薬品等
   安全対策部会案対策講習会「子宮頸がんワクチンの有効性と安全性の評価に関する疫学研究」を基に作成(データは2015年10月1日時点)



   
Garland SM et al. Clin Infect Dis. 2016; 63: 519-527. より作成    
厚生労働省 定期の予防接種実施者数 より作成    
https://www.mhlw.go.jp/topics/bcg/other/5.html (Accessed Mar. 3, 2021)    
 
 
※厚生労働省は現在でもHPVワクチンの積極的な接種勧奨の差し控えはしていますが、2価と4価ワクチンの公費助成 (小学6年生~高校1年生相当の女子が対象)は継続されています。厚生労働省発行のリーフレットやHPVワクチンに対するQ&AがHP上でご覧になれます。
 ⇒ https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/index.html
 
Q & A: HPVワクチンはどのくらい効果がありますか?
 
2020年9月時点で世界の110以上の国と地域でHPVワクチンの国の公費助成によるプログラムが実施されています。
HPVワクチンの定期接種を早期に取り入れたオーストラリア、イギリス、アメリカ、北欧などの国々では、HPV感染や前がん病変の発生が有意に低下していることが報告されています。
これらの国々では、ワクチン接種世代と同世代で接種していない人のHPV感染も低下しています(集団免疫効果といえます)。
実際に女子の定期接種により接種率が80%を超えたオーストラリアでは、近い将来子宮頸がんは撲滅するというシミュレーションが発表されました。
世界全体でもHPVワクチンと検診を適切に組み合わせることで、今世紀中の排除が可能となるというシミュレーションもなされています。
世界保健機関 (World Health Organization: WHO)も、「全世界的な公衆衛生上の問題として子宮頸がんの排除」を目標に掲げています。そして、一次予防として少女に対してのHPVワクチン接種、二次予防として子宮頸がん検診と検診時での治療を推奨しています。
子宮頸がんはワクチン接種により撲滅できる数少ないがんなのです。
 
 
Q & A: HPVワクチンの有効性についての国内のデータはありますか?
 
日本でもHPVワクチンを積極的に接種していた世代(平成6~11年生まれ)に対するワクチンの有効性に対する研究データも発表されています。
・新潟県で行われた研究では、ワクチンを接種した20~22歳の女性において、HPV 16型と18型に感染している割合が0.1%と非接種者の2.2%に比べて有意に下していました。
・秋田県、宮城県における研究では、20~24歳の女性の子宮頸がん検診において、異常な細胞(
=異型細胞)が見つかる割合が、ワクチン接種者では非接種者に比べて有意に少ないことが報告されました。
・松山市における研究では、ワクチン接種世代では20歳時の子宮頸がん検診において前がん病変が見つかる割合が有意に低下していました。
・日本対がん協会のデータでは、20~29歳の女性では子宮頸部の前がん病変と診断される割合は、ワクチン接種者で有意に少ないことが示されました。
 

インデックスへ戻る

  • 人間ドックインターネット予約

外来診療担当医表

  • 天神クリニック
  • ステーションクリニック
  • 健康のはてな
  • 健診を受ける女性の方へ
  • 経鼻内視鏡検査のご案内
  • 採用情報
  • アンケート等でいただいたご意見への回答

ページのTOPへ